ニセココテージ ニセココテージ ニセココテージ ニセココテージ

 

  

 

 北海道ニセコ町に新たに登場したプライベート感のあるキャンピンググラウンド。

手作り感あふれる敷地内にはログハウス、ナチュラルガーデン、小川があり

羊蹄山とニセコ連峰が一望できます。

 様々なアクティビティー、アウトドア体験ができるニセコ滞在の拠点に

当キャンプ場のグランピングステイはぴったり。

ニセコの観光名所のミルク工房へは徒歩5分で行くことができ、

また、自転車を使えば気持ち良い緩やかな坂道を下ってニセコ町市街地へは15分ほどで行けます。

グランピングスタイルのテント泊がボンゴ広場で体験できます。

 

 

 

ボンゴ広場では循環型のライフスタイルを目指しており、

コンポストトイレ(またはバイオトイレ)を使用したりしておりますので、あらかじめご理解ください。

 

 

 

ご利用料金  (税込価格)

春〜秋料金(5月〜10月)

2名利用 12.000円

3名利用 16.000円

4名利用 20.000円

冬料金(12月〜4月)

2名利用 14.000円

3名利用 18.000円

4名利用 22.000円

 

 

 

利用案内

 

グランピングに含まれるもの

ベルテント

テント内の内装。ベッド、照明、石油ストーブ(冬)、一酸化炭素警報機(冬)、

BBQコンロ、タープ、テーブル、椅子、簡易炊事スペース、調理器具、

クーラーボックス、保冷剤、網(新品ではありません)、鉄板、トングなど。

夏期間(5〜9月)に石油ストーブを利用する場合は1000円かかります

 

BBQをされる方は炭と網はご持参ください。

 

食器、コップ等はお貸しできますが屋外に置いている状態なので

衛生的に気になる方は紙皿、コップ等を持参されることをお勧めします。

 

テント、タープなどを含める上記備品は事前に設営、設置しておきます。

 

その他利用可能な設備

シャワー室(シャワー室は現在1つです。なので、近隣の温泉のご利用をお勧めします)

WIFI、駐車スペース

(駐車スペースには限りがあります)なるべく乗り合わせてお越しください。

 

 

食事、食材の提供は行っておりませんので各自でご持参ください。

お隣の倶知安町(車で15分)に大型スーパー(Max Value, A-COOP, Lucky)がございますので、

そちらでの買い出しをお勧めします。

テント泊の予約、問い合わせはメールにて承っております。

テント泊の空き状況は下のカレンダーをご確認ください。

 

問い合わせ先 佐々木洋平

ys0802ski@yahoo.co.jp

 

携帯電話番号

09091471081

こちらの電話番号へはメッセージ機能を利用して御連絡ください。

”お名前” ”日にち” ”人数”を御連絡ください。

確認後折り返し御連絡いたします。

 

 

Airbnbをご利用の方はこちらからも予約できます。

https://www.airbnb.jp/rooms/15777462

大人2人なら広々と使えるテント。

奥に寝室、手前に小さなリビングスペースがあります。

横にはコンポストトイレが設置していますので、

プライベートな空間でゆっくりと過ごすことができます。


お二人でのご利用なら広々とテントが利用できます。

 


テント内には最大で4名分のベッドが入ります。

大人数グループでも安心です。


石窯ではパンやピザが焼けます。

薪代金込みで2000円で利用できます。




寒い季節はテント内でストーブをご利用ください。

筒型のポータブル灯油ストーブを利用しております。

一酸化炭素警報機をテント内に常備しております。

また、テントはコットン100%ですので通気性がよく、空気がこもりにくい構造になっております。

テント上部には通気口もついております。


ボンゴ広場ではオールシーズン対応のグランピングスタイを提供しております。冬には冬ならではの体験ができます。


ウッドデッキや、キャンプサイトはほぼオーナーの手作り空間です。現在も新しいもの、空間を作成しながら運営しております。


テント横にBBQスペースが備わっております。


それぞれのスタイルでBBQをお楽しみください。

 


共有ですが、シャワールームが1室あります。

大人数のお客様には近隣の温泉のご利用をお勧めしております。

24時間ご利用できます。

 


春から夏にかけては周りにいろいろなの花が咲いています。


キャンプ場は広いコーン畑に囲まれており

その先にはアンヌプリ、ニセコ連峰が望めます。


キッチン、居間、トイレはコンテナハウスに完備しております。

コンテナハウスは冬期間限定でグランピングボンゴに登場します。


キャンプ場横には小さな小川が流れており、

春には山菜が取れます。

また、夏場も様々な山野草が自生しており

見ているだけで癒されます。


グランピング事業代表 佐々木洋平

 

2016年冬からグランピングサービスを始めました。春から冬まで通年でご利用できるよう管理しています。個人的には冬のグランピングがオススメです。

夏とは違い、雪に囲まれた景色の中でのグランピングは特別な体験ができます。ストーブで温まったテントの中は夏のキャンプとは違い、居心地の良さが一段と感じられます。寒そうなイメージがあると思いますが、南国(フィリピン、シンガポール、マレーシア人などの)からのお客様が結構利用してくれています。

ご不明な点や、聞きたいことがあればいつでもご連絡ください。

 

連絡先 ys0802ski@yahoo.co.jp 


コテージ案内

ダグラスファー

カラマツ

ヘムロック


ニセココテージボンゴ広場